大葉の香り餃子。にんにくなし美味レシピ

いつもの料理

明日も仕事なのでにんにくの入っていない餃子を食べたいなと。
それでいて、香りのいいものを。

そうだ!大葉だ!ということで、作ってみました。

スポンサーリンク

大葉の香り餃子の作り方

写真で見ると中身まではわからないのでただの餃子に見えますね。
大葉が結構たくさん入っています。

材料(2−3人前,16-18個分)

材料分量処理・備考など
ひき肉100gぐらい
白菜塩もみする前の状態で、
ひき肉の3倍ぐらいの体積
みじん切りにして塩もみ。
しっかり絞って水気をとる。
大葉10枚ぐらいみじん切り
生姜多めみじん切り
ニラ3束ぐらい小口切り
2つまみぐらい
胡椒少々
オイスターソースひとまわし
餃子の皮(大)個数分

旨味に関しては、オイスターソースが担保してくれている。
気にせず混ぜちゃいな!

手順

餡の作り方・包み方

  1. 白菜はみじん切りにする。粗みじんでいい。塩をふって揉んでから、  5分ぐらい放置する。その後、ギューーっと握って水分を追い出す。
  2. ボウルにひき肉、大葉、生姜、ニラ、塩、胡椒、オイスターソースを入れ、しっかりとこねる。
  3. 皮に包む。がんばる。

白菜は水気をしっかり切りましょう。しっかり絞りましょう。これをサボると餡がべちゃべちゃになってしまう。

焼き方

  1. フライパンにごま油をひいて火をつけ、温める。
  2. 熱くなったら中火にする。餃子を置いて1分ぐらい焼く。
  3. コップ1/4ぐらいの水を入れ、フタをする。弱火にする。5分ぐらい焼く。
  4. フタを取り、強火にする。上から、スプーン1杯ぐらいのごま油を垂らす。2分ぐらい焼く。いい感じに焦げ色がついたら完成。

中火1分、水入れてフタして弱火5分、フタ取ってごま油かけて強火2分!

散らからないように餃子を取るコツ

餃子屋さんと家の大きな違いは、餃子を取る返し・・(ターナー)の形状だと思う。
餃子屋さんは長〜い返し・・(ターナー)を持っているので、長く連ねた餃子を鉄板からこそげ取ることができる。だからお皿の上でバラバラにならない。

一方、お家の返しはふつう短く、面積が狭いので、長く連なった餃子を一度に取るのはむずかしい。

というわけで、家庭用のターナーでなんとかするコツを紹介する。

フライパンで連ねてよい餃子は3つまで

短い返しに収まる個数の餃子を連ねればよい。その数は3つである。
これ以上長く連ねてしまうと、手元の方から餃子がこぼれ落ちてしまってバラける。

つまり、こういう感じに配置して焼くのである。

こうすることによって、一般家庭にある面積の狭い返しでもこぼれずに取ることができる。

火から上げたフライパンの底を濡れ布巾で冷ます

強火で最後焼き終えたら、皿に移す前に、フライパンの底を濡れ布巾で冷ましてやるといい。
すると、急激な温度差によって(なんでかよくわかんないけど)餃子とフライパンが離れやすくなる。

多少バラけても気にしない

あくまで家庭料理である。店で食べるわけではない。
よって、多少バラけても気にしないことが餃子を楽しむ一番のコツである。

どんな味?

にんにくがないと味気ないかな、と思うかもしれない。
だが、想像よりもしっかり大葉の匂いが口から鼻腔に広がる。生姜も追いかけてくる。
とても風味豊かな美味しい餃子である。さながら店の味よ。

あぁ、もう一度たべたい。今度また作ろう。

タイトルとURLをコピーしました