レコード、楽しいぞ。audio-technica AT-LP60Xレビュー

レコードのある暮らしは楽しいぞ|Audio Technica AT-LP60Xのレビュー随筆

こんにちは。てっち(@killtimetetch)と申します。

我が家にレコードプレーヤー(audio-technica AT-LP60X)がやってきました。わーいわーい。ということで、雑感を述べたいと思います。

なおこの記事の前半はレコードのある暮らしそのものの感想です。とにかくレビューを見たいんだ!という方は、目次から「オーディオテクニカのレコードプレーヤー『AT-LP60X』レビュー」に飛んでいただければ。

参考までに、筆者の音楽レベル:

  • 大学生のときからバンドをやっている。高校のときからギター弾いてる。歌う。
  • 好きなジャンルはしっちゃかめっちゃか。AppleMusicのFavoriteMixはいつも意味不明。
  • 感覚派ではあるものの、普段からスタジオでアンプをいじってるので、音そのものには割と詳しい。

ではでは、参りましょう!

スポンサーリンク

レコードのある暮らし、楽しいぞ

レコードのある暮らしってとっても楽しいんですよ。

サブスクだハイレゾだの時代に、レコード。何がいいのかしら。

インテリアにカオス感が生まれるぞ

ご承知の通りかと思いますが、レコードは、ディスクもプレーヤーもとにかくデカいですよね。ピザ箱みたいな大きさ。

さまざまなモノの機能集約化・小型化が進んだり、ミニマリズムが流行ったりする中で、古くて大きいものがでーんと部屋に存在するとカオス感が生まれますよね。それがいい。

気に入ったデザインのものがあれば壁に飾ってもよし。よくわからない絵を買うぐらいなら、可愛いレコードのジャケットを飾るのもアリですよ。

壁にかけてあるRock'n'Roll Honeymoon

見て見て、このおしゃれな壁をよ、、、ウチの壁。

お宝探し、楽しいぞ

プレーヤーを買うにあたって、ディスクを探しにディスクユニオンへ行きました。

レコードのコーナーでは、陳列棚に大量の中古ディスクが所狭しと収納されています。

こんな感じの棚が店内ぎっしりなわけです。

多くのお客さんが、ジャンルや年代、アルファベット順などで区分されたインデックスを頼りに次々とジャケットを繰り、お宝探しに熱中しています。

客層は若者から壮年まで様々な年代。でもやはりおっさんが多いかな。たまに女性もいます。そんな感じ。

「お宝」は人それぞれだぞ

希少価値ってものに囚われがちだけど、自分がお宝だと思ったらそれがお宝だぞ。

私はといえば、初めてディスクユニオンの店舗に入ったときは、玄人感たっぷりの客がたくさんいる様を目の当たりにし、少しビビってしまいました。

でもですよ。先客たちの真似をし棚のディスクを左上から右下まで繰っていくと、

筆者
筆者

うわ、、、実はコレ前から欲しかったやつやん、、、

うわ、、、めっちゃジャケットかわいいやんけ、、、

ってな具合に、いろんなお宝が出てくるわけですよ。それでいいじゃん。

生音に近い、立体感のある音が自分の部屋で聴けるぞ

レコードの音を実際に聴いてみた感想ですが、生音に近い、立体感のある音がします。

デジタルとアナログの差、というわけではない

レコードはアナログ(連続的)に音を記録したもの。CDやmp3などデジタル音源のようにサンプリングや量子化といったプロセスがないので、理論上は生音源にかなり近い音を記録・再生できる。なんてことを、よく聞きますよね。

しかしこれ、素人耳にデジタルとアナログの音の違いが分かるかと言われれば怪しい話でして。だいいち、塩ビを針でこすっただけの音がそんないい音すると思います?

でも実際、レコードはすごくいい音に聴こえます。デジタル音源と比べて。

いい音って言ってもいろいろですが、、、立体感や生音感のある音が聴こえます。

レコードが生音っぽく聴こえる主な理由

レコードが生音っぽく聴こえる要因としては、レコーディングの仕上げ方の違いによるダイナミクス(音量の大小の幅)の差、というのが大きいと思われます。

どういうことかというと…

CDなどデジタル音源はヘッドホンやイヤホンなどで聴くこと視野に入れ、仕上げとして音に強めのコンプレッション(圧縮)をかけています。

これすなわち、小さい音も大きく、大きい音も大きく、全ての音のボリュームが均質に潰れるということなんです。全体的に均質に大音量にする代わりに、ダイナミクスを殺しているようです。

それに比べ、アナログレコードはマスタリング時に強いコンプレッションをかけることがあまりないようです。なので、小さい音は小さく、大きい音は大きく聴こえます

針飛びの原因になる等の物理的制約により、強いコンプをかけて大音量にするのは主流になれなかったようです。以下の記事が参考になります。

「昔のCDは現在と比べると音圧が低くてショボイ」というのは誤解である。〜録音作品の音圧に関する話〜 | SOUNDEVOTEE.NET
昔のCDを聴いた時に音圧が低いと感じた事はありませんか?特にitunesなどのシャッフル機能で現在の音源と続けて聴いた時に顕著に差が分かると思いますが、実際に昔の音源は現在のCD音源に比べると音圧が低いように感じます。このような場合、ほとんどの人は「昔の録音作品って何か音圧が低くてショボイな~」という印象を

このため、レコードは音に立体感が生まれます。まるで、そこで楽器を弾いているような、そんな感じの立体感が生まれます。

まぁそういうわけで、生音っぽくて立体感のある音が鳴ります。

うんちくはもうこのへんでいいですね、次、プレーヤーのレビューいきましょう!

オーディオテクニカのレコードプレーヤー「AT-LP60X」レビュー

audio-technica(オーディオテクニカ)のAT-LP60X RD(レッド)を買いました。

udio Technica AT-LP60X 外箱

カラーはダークガンメタリック(DGM)とレッド(RD)の2色展開だそうです。

ちなみに、↑のものにBlutoothを搭載したモデルもあります。型番の末尾にBTがついています。Bluetoothの分だけ少し値段が高くなっています。

見た目とか、ざっくりした仕様とか

フルオート再生です。本体のボタンを押すだけでトーンアームが動き、開始位置に針を落としてくれます。再生が終わると元の位置に戻してくれる。初心者には大変ありがたいです。

 閉じるとこんなかんじ。

Audio Technica AT-LP60X 背面

音声出力端子はステレオミニプラグ。付属品として、ケーブルが1本(片方はステレオミニプラグ、片方はLRの別れた端子のもの)がついてきます。

使用前の準備、使い方

一番さいしょにやることはこれだけ。

  • 本体の蓋を開けてターンテーブルを設置する。
  • 動力をテーブルに伝えるベルトを引っ掛ける。
  • 本体後ろから電源ケーブルを電源に、音声出力ケーブルをスピーカーにつなぐ。

で、ディスクをセットしてからどうするかというと、 

  • ディスクに合わせてサイズ(7 or 12inch)、回転スピード(33 or 45rpm)を設定します。
  • ディスクをテーブルに設置してスタートボタンを押せば、片面の最後まで聴けます。

↓再生するときはこんな感じです。STARTボタンを押します。フタを開けたまま撮影しています。

ap-lp60x 再生時

↓また、停止するときはSTOPボタンを押すだけ。

at-lp60x 停止時

まぁ、フルオートなので簡単なもんです!

ちなみに、フルオートの機能を使わず、針を盤面の任意の位置に落として再生、というのももちろん可能です。

使った感想

私にとって初めてのレコードプレーヤーなので、他製品との比較ができないのが残念なのですが…。

音がいいです。先述のとおりですが、CDやmp3とは少し違う空気の振動を感じます。

ダイナミクスの違いから、CDと比べて細かい音の強弱、ニュアンスが感じられます。タンバリンのシャンシャン鳴る音なんて、そこでタンバリンを鳴らしているかのように感じられます。

詳しい人が「レコードのほうが音が繊細で…」などとのたまう理由が少しわかかります。

これが1万円そこらで聴ける音なんだから、マジありがたいでやんすよ。。

あと、使い方マジ簡単。ボタン押すだけ。

というわけで、かなり満足度の高い買い物をしたなと思っています。

その他の雑感

他に購入を検討していたプレーヤーで、ディスクをセットしたら、本体の辺からはみ出す仕様のものがありました。

これは、ディスク再生時にはフタを開けたまま使うタイプのもの。

可愛くていいなと思いましたが、あることが気になりまして。店員に訊いたのですが。

筆者
筆者

あの、これ、レコード再生してるときにフタ閉じちゃうと、どうなります?

店員

ああ、フタ閉じちゃうとディスクがぶっ壊れますね。

いや恐ろしいで。絶対にやっちゃうもんな、俺ドジだもん。

その点、AT-LP60Xはフタを閉じて使用するので、安心ですね。笑

買ったディスク

ディスクユニオンにて、以下の5枚をまずゲットしました。

  • Wes Montgomery – Incredible Jazz Guitar
  • Bill Evans With Jeremy Steig – What’s New
  • よしだたくろう – 人間なんて
  • 沢田研二 – 時の過ぎゆくままに
  • 大瀧詠一 – A LONG VACATION

いい買い物をした。サイコー。ほぼ毎日聴いています。

それぞれのディスクの感想はそのうち、気が向いたら記事にします。

いいこと言ってまとめるぞ

無駄なものこそ人生を豊かにする、という考え方があります。

生活のせいか歳のせいか、放っておけば心や感性がどんどん凝り固まっていきそうな、そんな感覚を抱くことがあるんです。

だから、せめて、余暇の時間ぐらいは、その凝り固まりそうな心を、いろんな角度から突っついてほぐしてやることが楽しく生きるためにはとっても大切なんじゃないかなと思っています。

そのために、面倒なことをやるのはとても良いことです。

レコードは今や面倒で、無駄が多いんですよ。両面を聴きたければ針を退けて盤面をひっくり返さなきゃいけないし、ディスクがでかくてかさばります。劣化もするし。サブスクもあるし。

でも、面倒くさいモノだからこそ、人生に彩りを加えてくれるような感じもするわけですよ。

早朝、ひとりでコーヒーを飲みながら、レコードをセットしたり、針を落としたりと面倒なことをしているとき、なんというか、暮らしに余裕を感じるというか。

そんな感じがあってね、とってもいいんですよ、レコードのある暮らし。

タイトルとURLをコピーしました