WebARENA Indigo Ubuntu 20.04 インスタンス作成〜SSHログイン

Web・情報技術

このブログはVPS上に環境構築して運営しているのだが、WebARENA Indigoがめちゃくちゃ安いので乗り換えることにした。ついでに環境づくりの工程をブログにまとめていくこととする。

今回はWebARENA Indigo インスタンスの立ち上げからSSHログインまでのメモ。

Ubuntu 20.04 LTS をインストールすることにする。

スポンサーリンク

サインアップ

まずはアカウントを作成する。

WebARENA

これは全然ムズくない。支払いはクレカ。

SSH鍵の作成

登録完了メール記載のURLから管理画面にログイン後、まずはSSH鍵を作成する。

インスタンス管理→SSH鍵→「+SSH鍵の作成」ボタンを押下。

適当に名前をつけて保存。

private_key.txtというファイルが保存されるので、ローカルの~/.sshなどに保存しておく。

自分の環境で鍵のペアを作る場合はssh-keygenコマンドで作成し、pub(公開鍵)のほうを「SSH鍵をインポート」から登録する。

インスタンスの作成・立ち上げ

インスタンス管理→「+インスタンスの作成」ボタンを押下

OS及びサイズを選択。私はOSはUbuntu 20.04、サイズは1GB RAM&20GBを選択した。

さっき作ったSSH鍵を割り当てる(Authorized Keysに鍵を入れてくれる処理だと思われる)。

インスタンス名を入力し、「インスタンスの作成」を押下。インスタンスが作成され、指定したOSがインストールされる。

インスタンス一覧に作ったインスタンスが表示されているので、右の「操作」ボタンから「インスタンスの起動」を押下。ステータスが”Stopped”から”Running”になる。これで起動完了。

SSHでアクセスする

ダウンロードした秘密鍵をそのまま使うとパーミッションゆるスギィ!!って怒られる。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
@         WARNING: UNPROTECTED PRIVATE KEY FILE!          @
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
Permissions 0644 for '/path/to/.ssh/private_key.txt' are too open.
It is required that your private key files are NOT accessible by others.
This private key will be ignored.
Load key "/path/to/.ssh/private_key.txt": bad permissions[temp id=3]

なのでからchmodして適切なパーミッションにする(600)。

$ chmod 600 ~/.ssh/private_key.txt

sshコマンドでアクセスする。

$ ssh -i /path/to/private_key.txt [email protected]{ipアドレス}

↑のIPアドレスはWebARENA Indigoの管理画面、インスタンス一覧から確認できる。

Ubuntuを選択した場合、初期ユーザ名はubuntu。

また、~/.ssh/configを編集して、

Host indigo
HostName      {ipアドレス}
User          ubuntu
Port          22
IdentityFile  /path/to/private_key.txt

なんて書いてやると、

$ ssh indigo

でアクセスできる。

The authenticity of host '{ipアドレス}' can't be established.
ECDSA key fingerprint is SHA256:#####.
$Are you sure you want to continue connecting (yes/no/[fingerprint])?

ほんまにアクセスします?みたいな表示が出るのでyesと入力。

Welcome to Ubuntu 20.04.2 LTS (GNU/Linux 5.4.0-66-generic x86_64)

 * Documentation:  https://help.ubuntu.com
 * Management:     https://landscape.canonical.com
 * Support:        https://ubuntu.com/advantage

 System information disabled due to load higher than 1.0

1 update can be installed immediately.
0 of these updates are security updates.
To see these additional updates run: apt list --upgradable


The list of available updates is more than a week old.
To check for new updates run: sudo apt update


The programs included with the Ubuntu system are free software;
the exact distribution terms for each program are described in the
individual files in /usr/share/doc/*/copyright.

Ubuntu comes with ABSOLUTELY NO WARRANTY, to the extent permitted by
applicable law.

To run a command as administrator (user "root"), use "sudo <command>".
See "man sudo_root" for details.

[email protected]:~$

これでログインできた。

続きはこの記事:

タイトルとURLをコピーしました