JuiceSSHでAndroid端末からVPSに接続【公開鍵認証・ssh・mosh対応】

bash-large随筆

こんにちは。てっち(@killtimetetch)と申します。

私のこのブログはAmazon Lightsailにnginx+php-fpm、MySQLの環境を作って動かしているのですが、VPSのメモリ周りのチューニングがよくわかっていなくて、ちょくちょくphp-fpmやMySQLが落ちたりすることがあります。

家ならいいのですが、出先でいつもPCを持ち歩いているとも限らないので、VPSが怪しげなときにスマホ(Android端末)からSSH接続をして、serviceコマンドぐらい使えたらいいなと思いました。

JuiceSSHというアプリが大変素晴らしかったので、ここに書き記しておきます。

スポンサーリンク

JuiceSSHの特徴

バックグラウンドで継続できる

接続したセッションをバックグラウンドで継続できるので、別のアプリを開いて、また戻ってきて作業といったこともできます。

公開鍵認証が使える

公開鍵をサーバ上に、秘密鍵をクライアント(Android端末)に置いて、公開鍵認証でアクセスすることができます。秘密鍵はファイルから読み込むこともできるし、直接ペーストすることもできます。

Mosh接続できる

この機能がかなりアツいです。電車通勤でもモバイル回線でもへっちゃらです。Moshそのものについては、以下のサイトの説明が詳しかったです。

JuiceSSHのダウンロード・インストール

Google Playからインストールします。

JuiceSSH - SSH Client - Apps on Google Play
The all in one terminal client for Android including SSH, Local Shell, Mosh and Telnet support. Features: - Full color terminal / ssh client - Popup keyboard ...

Mosh接続してみる

VPS側の設定

VPS側にMoshがインストールされている必要があります。例えばCentOSならyumコマンドでインストールできます。まずはyum searchで確認します。

$ yum search mosh
読み込んだプラグイン:priorities, update-motd, upgrade-helper
16 packages excluded due to repository priority protections
==================================================================== N/S matched: mosh ====================================================================
mosh.x86_64 : Mobile shell that supports roaming and intelligent local echo

パッケージが存在するのでyum installすればいいです。

$ sudo yum install mosh

なお、インストールするだけでよく、デフォルトのまま特に設定変更は不要です。またMoshはデーモンではないので起動する必要ありません。

なお、ポートは必要に応じて開放しておきます。デフォルトで60000-61000が使用されるようになっているので、必要な箇所だけ開けます。

JuiceSSHの設定

「接続」→「+ボタン」 から接続設定します。「ポート」はSSHのものを指定しておき、「コマンド」の箇所にMoshで使用するポートを追記します。

「コマンド」欄でのポートの設定方法は以下を参照(公式):
How can I change the Mosh port number? : JuiceSSH Helpdesk

JuiceSSH画面
一度接続設定をしたあとの画面なので「接続を更新」というタイトルになっています。初期設定画面の内容は同じです。スクリーンショット。

接続できると、以下のようにターミナルっぽい画面が表示されます。私の愛機スマホAtomから接続するとヤバいです(この画像は2倍に拡大しています)。

juice-bash-mosh-small

この記事については、以上で終わりです。

タイトルとURLをコピーしました